シロップ "L-cet":命令。 "L-cet"(錠剤):使用説明書

アレルギーは人にとって本当の存在になります罰。開花期に外出することができないこと、ポプラ毛羽や動物の髪の毛不耐性、ほこりや食物に対する否定的な反応などが原因で人生が制限されます。この問題に対処するために、「L-cet」という薬が作成されました。この薬への指示は、患者にレセプションの特徴、他の薬物との相互作用、禁忌についての非常に貴重な情報を与えることができる。したがって、それを読む必要があります。

調製物の組成および形態の説明

指示書

製品はその組成においてそのような基本的なレボセチリジン二塩酸塩のような物質。 1錠中のその量は5mgであり、5mlのシロップ--2.5mgである。その中には、ステアリン酸マグネシウム、微結晶セルロース、二酸化ケイ素、無水コロイドなどの追加の物質があります。

インドで生産されています。 あなたは錠剤やシロップの形でそれを購入することができます。 2番目のものは、粘性のあるコンシステンシーと黄色です。錠剤は緑色の保護シェルで覆われ、丸い両凸形状を有する。

薬剤の薬理作用

命令は

「L-cet」という命令は、薬物の高い有効性を示している。レボセチリジンはHの有効な遮断薬である1 - ジアミノビシン受容体。 この薬剤は、アレルギーのヒスタミン期に強い影響を与え、血管透過性の程度および好酸球の動きを減少させる。レボセチリジンのおかげで、炎症メディエーターの放出は実質的に制限されている。

薬物は、強度を低下させるだけでなくそれらの外観を妨げる。主な物質は血液脳関門を通過しませんが、母乳で排泄することができます。投薬を受けた後、それは15分後に働き始める。効果は24時間続きます。この薬剤は鎮静効果がほとんどなく、したがって眠気を引き起こさないことに注意すべきである。

"L-cet"(命令は常にパッケージに入っています薬物)は非常に迅速に吸収される。体内の最大濃度は40分後に観察される。食品の同時摂取は、吸収速度を幾分低下させる可能性があることに留意すべきである。活性物質は100%生物学的利用能を有し、血液タンパク質に90%結合する。薬物の半減期は10時間である。物質は体に尿を残します。少量の生成物が糞便で排泄される。

適応症

l錠剤の指示書

医者があなたに「L-cet」を任命した場合、指示は患者にとにかく読まれるべきです。彼女は、そのような適応症について話す。

•慢性アレルギー性鼻炎、寒さ、粉塵、動物の毛が原因です。

•クインケの浮腫。

•毎シーズン繰り返されるアレルギー性鼻炎。

•高熱。

•アレルギー性結膜炎。

ヒスタミンの放出を促進する薬剤を服用する。

•皮膚のアレルギー症状:発疹、蕁麻疹、湿疹。

禁忌は何ですか?

lアプリケーションに関する指示

「L-cet」(錠剤)を使用する必要がある場合は、そのような禁忌を提供します(同様のシロップの場合)。

1.年齢。この薬は6歳未満の子供の治療には使用できません。

2.治療の成分に対する感受性が高すぎる。

3.重度の腎不全。

妊娠期間と授乳期。

あなたが見ることができるように、 "L-cet"(指示は全治療期間中に患者に存在する)は、迅速かつ永久にアレルギー症状を除去することができる。しかし、それを放棄する価値がある場合もあります。

特別な指示

l錠剤の使用説明書

"L-cet"命令を受ける必要がある場合アプリケーションのいくつかの注意点を知るのに役立ちます。例えば、治療中には、酒類を飲むべきではなく、肝臓や腎臓に負担をかけることになります。

患者が吸収を害している場合グルコースだけでなく、砂糖の欠乏がある、薬の使用は使用することはできません。特に、腎不全になると注意が必要です。この場合、薬物の排泄が減速する。血液透析を受けている人には治療法を使わないでください。

同時に錠剤を飲むことをお勧めします。 ベッドの前にこれを行うのが最善です。何人かの患者がまだ眠気を感じるかもしれないからです。薬を服用した後は、車の車輪を乗り越えたり、何らかの機構を働かせたりしない方がいいです。

薬「L-cet」(使用説明書)患者に必要なすべての情報が含まれています)は非常に効果的なツールですが、すべての推奨事項に従わなければなりません。この場合に限り、薬が使用されます。

投与量および投与

lシロップ使用説明書

「L-cet」(タブレット)が割り当てられている場合は、経口投与のみを使用する。この場合、薬剤は噛まれてはならない。錠剤は全体を飲み、水で洗い流すべきである。あなたが空腹で薬を飲むと、その効果はより速くなります。指示された量を超えないでください。

大人と6歳以上の子供のための規範1日1錠1錠です。あなたがレセプションの時間を逃した場合、あなたはできるだけ早く薬を飲む必要があります。花粉症の症状を解消するには、1〜6週間が必要です。アレルギー病理が慢性である場合、治療の経過は12ヶ月まで延期することができる。

2歳から6歳までのお子様は、シロップ。最大投与量は5mlであり、2回に分けて投与する。 「L-cet」を購入した場合、6歳以上の患者のための指示(成人によって使用できる子供用シロップ)は、1日1回10mlの液体を投与します。

どのような副作用が可能ですか?

提示された他のツールと同様準備に欠点がないわけではありません。 「L-cet」(錠剤)を使用することに決めた場合は、使用上の指示により、そのような望ましくない反応が起こる可能性があります(シロップの副作用は同様です)。

•頭痛、疲労、倦怠感、衰弱、時には眠気。

•加速された心拍。

•視覚障害。

•息切れ。

•口が乾燥している。

•体重のわずかな増加。

•腹部の痛み。

しかし、これらの症状一般的に現れる。彼からの薬物の不寛容の最初の徴候の出現は放棄すべきであるが。今日まで、薬理産業はあなたにさらに適した多くの類似体を提供しています。

もし私が過量を持っていたら?

子供のための命令シロップ

「L-cet」(シロップ)が必要な場合は、指示書理由のために箱の中にある。要約もタブレットに添付されています。あなたは確立された入学基準を遵守しなければなりません。そうしないと、過量が発生することがあります。

それは通常、十分に強く現れる。患者は頭痛があり、病気で、口の中に乾燥があります。人の状態が深刻な場合は、すぐに救急車を呼び出す必要があります。

自宅では、患者を嘔吐して、吸収された物質の量を減らし、より深刻な全身性障害を避けるべきである。

この場合、吸着剤は不必要であろう。 例えば、患者に活性炭の錠剤を数錠与える。次に対症療法が行われる。重度の症例では、患者の過剰摂取を病院に誘導することができる。この場合、血液透析で体を浄化することは役に立たないことに注意してください。過剰摂取のための特別な解毒剤もありません。

他の薬との相互作用

"L-cet" - シロップ(使用説明書は医師によって患者に説明されることがある)、場合によっては他の薬物と一緒にとることができない。同じことが錠剤にも当てはまります。例えば、この抗ヒスタミン剤を「テオフィリン」と共に飲むと、レボサイチリジンは体から悪化します。

薬を組み合わせることはできませんアルコール性飲料、三環系抗うつ薬および他の鎮静剤。この場合、後者の効果を除外することはできない。つまり、人は眠気を感じることができます。

「ケトコナゾール」は、併用するとマクロライドと同様に、実際には心臓の働きに影響を与えません。心電図の標準からの変化または偏差はない。

ストレージ、アナログ、レビューの特長

すでに「L-cet」という薬を購入している場合は、インストラクションはどこにどのように保存すべきか教えてくれます。薬の有効期間は2年です。シロップを使用する場合は、瓶を開けた後、薬は1ヶ月間良好であることに留意してください。

錠剤を最高25度の温度に保つ。シロップを冷蔵庫に入れる方が良いです。保存場所は乾燥していて暗くなければなりません。子供へのアクセスは不可能です。

この薬のレビューは十分です。 ユーザーはスピードと効率性に注意します。まれに副作用がみられます。また、バイヤーは、処方箋なしで薬を購入する許容可能なコストと機会をメモします。また、各患者が適切な選択肢を選ぶことを可能にする、多数の放出形態を喜ばせる。

何らかの理由で、この薬がない場合適切な、あなたはアナログを使用することができます。この問題は医師と話し合うべきですが。類似体の中には、 "Zodak"、 "Glenceth"、 "Suprastinex"、 "Aleron"、 "Tsetril"などがある。

提示された資金の価値に関しては、それは出力の形態に応じて160〜300ルーブルの間で変動する。薬が不足していないので、ほとんどの薬局で購入することができます。それがこの抗ヒスタミン剤のすべての特徴です。しかし、すべての有効性にもかかわらず、自分でそれを取ることが良いです。すべては医者と相談して決めなければならない。誤った投薬はあなたの状況を悪化させる可能性があります。健康である!