肋間神経障害:症状、原因、治療、

肋間神経は病理学的障害であり、これは肋間神経の圧迫または刺激に基づいている。この病気には重度の痛みや苦痛が伴う。その症状により、この疾患は心臓病に類似している。肋間神経痛は正確な診断と早期治療を必要とする。

症状は持続的な痛みまたは反復性の発作に現れる。灼熱感、うずき、しびれ感がこの病気の兆しです。

くしゃみ、咳、笑い、深いとき背中の吸息筋が緊張し、痛みが強くなる。不愉快な感覚が胸に感じられ、病気に感受性が失われることがあります。

肋間神経は、発汗の増加、血圧の急激な変化、罹患した神経の領域のしびれを伴う。

心臓病と同様に、痛みが感じられる心臓の下または肩甲骨の下にある。しばしば腰が痛くなり、誤って腎機能障害を診断する可能性がある。混乱は、肋間神経が様々な器官と接触するという事実による。

ほとんどの場合、肋間神経痛は人々を悩ませる高齢者また、その起源は、糖尿病、ビタミンB群の欠乏、消化管の疾患、脊椎の疾患、胸部脊髄の腫瘍に必要とされています。病気の出現はまた、筋肉の過度の努力、低体温生物ストレス状態を腰椎に貢献します。発症した骨軟骨症は、この疾患の発症のもう一つの危険因子である。

肋間神経痛:治療

まず、痛みを和らげ、肋間神経の状態を治療し始める必要があります。早期症状、理学療法、体のvitaminization、鍼治療が行われます。

病気が悪化したら、ベッドが必要ですモード、ベッドの表面はしっかりとしている必要があります。医師は、ノボカインの封鎖剤を塗布する。すなわち、損傷した神経をノボカインで分け、患者の体内に鎮静剤を注射する。 UHF、電気泳動、およびsoluxのおかげで、治療の最大の効果が達成されます。

医薬品に加えて、鎮痛剤および抗炎症クリームおよび軟膏によるマッサージ。セッションの後、患者の胸を包み込む必要があります。別の補助療法は乳頭パッチである。それは、血液循環を改善し、麻酔効果を有する。

しばしば、肋間神経は民間療法で治療される。治療の目的のために、様々なチンキ、煎じ薬および軟膏が使用される。

苦い芽は患者を研削するために使用されます。 「粉砕」の準備のためには、瓶詰めの瓶で少数の腎臓を注ぎ、暗い涼しい場所で10日間船を脇に置く必要があります。

良い効果はペパーミントの煎じ薬を与えます。ペパーミントは朝と晩に100ミリリットル必要です。輸液を準備するには、乾燥したミントの一杯を沸騰した水のガラスに浸してください。

肋間神経痛を引き起こす痛み、バレリアンのチンキを取り除くと良いです。これを行うには、綿のナプキンに薬チンキを浸し、それを痛みのある場所に付け、ビニール袋で覆います。このような圧迫は、就寝時に最も簡単に安静できるように行われます。

肋間神経痛は最も多い不愉快な病気。一定の痛みの感覚は、人の生活を大きく複雑にする。現代医学(伝統的で非伝統的なもの)、様々な民俗救済のおかげで、病気の症状を取り除くだけでなく、正常な生活に戻ることが可能です。