圧力が上がる?何をすればいいですか?

しばしば、現在の生活過度の疲れや疲労の背景に起こる病気の発症。このような病気には、血圧の急激な上昇の形でストレスの多い状況のために現れる高血圧症が含まれる。この場合、いつも薬を服用している高血圧患者でさえ、必ずしも自分自身を方向づけることができないことがあります。圧力が上がると、どうすればいいですか?

圧力の増加何をすべきか

"静かなキラー"

だから神秘的に一般人の高血圧を呼びました。 名前は "静かな殺人者"は完全にそれに対応しています。病気は気づかずに発症し、症状は通常の疲労と同様です。患者はしばしば、「緊急医療」と呼ばれる医師からの「高血圧」の診断について学ぶ。合理的な疑問が生じます。圧力が高まると、悲しい結果を防ぐために何をすべきでしょうか?

どのようにして高血圧発作の徴候を特定することができますか? まず、血圧を定期的に測定する必要があります。また、心臓の痛みや頭痛、めまい、頻脈に特別な注意を払うことも重要です。時には、高血圧の最初の兆候は、視力の瞬間的な悪化である。また、病気については、朝の強さの低下や夕方の過度の疲労を示すことができます。

拡張期血圧の上昇
高血圧の危機

動脈の最も重篤な症状圧力が急激に上昇したときに高血圧があります。この場合、どうしたらいいですか?高血圧性危機と呼ばれるような条件、中には、圧力が臨界レベルに到達することができます。時には、患者の位置は、それが一時的に意識して手足を動かす能力を失う可能性があるほど深刻です。

深刻な危機における最初の行動

高すぎると拡張期の圧力、何をすべきか、患者とその愛する人を知ることは単に必要である。まず、すぐに救急車を呼ぶべきです。状態が重大な場合は、医者を待って、自分で圧力を減らそうとする必要があります。

彼らの健康を改善するためには、患者はまずリラックスする。呼吸は約10秒間呼気の時に遅らせて、数分間(3回十分)処置を繰り返すべきである。この技術を使用すると、数十ミリメートルの水銀圧を下げるのに役立つことがあります。呼吸の遅延の時に、心収縮の頻度が減少するという事実のために改善がある。主なルール - パニックや自己治療をしないでください!

眼圧が上がった場合はどうすればいいですか?

視力の増加

それは、圧力が上昇するだけでなく血管の中だけでなく、目の中にも存在します。それが高いほど網膜の細胞が破壊される可能性が高くなります。同時に、代謝過程が目に変化し、重篤な合併症が起こります。

最も危険なのは、しばしば眼圧の症状はそれ自体現れない。しかし、視力の器官の異常の存在を理解することができる注意を引くサインがすべて同じです。この場合、目はすぐに疲れを感じ始め、不快感を感じます。片頭痛に似た頭痛も参加する可能性があります。

目に圧力がかかっている場合はどうすればいいですか? この症候学では、異常の原因を特定する医師にすぐに訪問する必要があります。ときにはそのような症状は、ホルモン系の障害によるものです。