肝プロテーゼ(薬剤):最良の分類のリスト

人間の肝臓は驚くべき特性を持っています - 独立して回復する能力。しかし、今日の生活の状況では、それは見やすくなります。器官は、正しい生活様式に従わない人々、特にアルコール、健康でない食品、様々な医薬品を消費する人々にとって特に脆弱です。多くの医師が医師に肝臓プロテクターを服用させることを勧めていることは驚くべきことではありません。それらのすべてが最も重要な機能を果たします - 肝臓を保護するのに役立ちます。

肝臓保護剤の準備リスト

一般情報

肝臓の機能に正の影響を及ぼし、その回復に寄与する医薬品は、肝臓プロテクターである。

準備は、その一覧は、以下から与えられ、完全に身体を保護する:

  • 積極的な薬;
  • 毒の影響;
  • アルコール。

それらを使用すると、代謝を改善することができます。彼らは肝細胞の作業能力を保証します。したがって、薬物の主な機能は、様々な損傷要因の負の影響から身体を保護することである。

現代の薬理学者は、様々な肝臓プロテクター。薬物のリストは、行動と構成の原則に従って分離される。しかし、これらのすべての薬は肝臓に有益です。しかし、彼らは専門家との協議の後にのみ取られるべきです。

また、以下を理解することが重要です。肝保護剤は、アルコールが害することから体を完全に保護することはできません。有害な影響を防止する唯一の方法は、アルコール含有飲料から身体を保護することです。

治療のためだけでなく、予防目的のためにも、肝保護剤(薬物)が処方される。

このグループに含まれる医薬品のリストには、使用のための十分な適応があります:

  1. 化学物質、放射性物質、毒性成分と絶えず相互作用する人々のためにそれらを使用することが好都合である。
  2. そのような薬物は、肝臓がしばしば医学的支援を必要とするため、年齢の人に有用である。
  3. さらに、これらの資金は、消化管、胆管の病気との戦いに役立ちます。

しかし、最も重要なことは、肝臓プロテクターを医師の任命後に適用できることを覚えておくことです。

行動の仕組み

肝臓は正常に機能するだけです細胞膜が一体化している場合。詰まっていると、臓器は浄化機能を果たすことができません。この場合、肝臓の肝臓プロテクターが処方される。細胞の代謝過程を加速させる効果的な薬物のリストは非常に広い。しかし、医師の任命なしにあなた自身の裁量でそれらを使用するには、それは価値がありません。

肝臓リストのための肝臓プロテクター

肝プロテクターは機能を改善する体の酵素システムは、物質の動きを加速し、細胞保護を強化し、栄養を改善し、分裂に参加します。これはすべて肝臓の修復をもたらします。さらに、臓器の生化学的性能が著しく改善される。

基本プロパティ

そこには様々な肝臓プロテクター。行動の仕組みや基礎物質に応じて分類された製剤は、様々な機能を発揮します。一部の医薬品は、損傷した細胞をはるかに迅速に回復させます。他の人は肝臓をよく浄化する。

このような違いにもかかわらず、すべての医薬品は共通の特性を持っています。

  1. 肝プロテクターは天然物質、身体の正常な自然環境の成分に基づいています。
  2. 彼らの行動は、肝機能の障害を回復し、代謝を正常化することを目的としています。
  3. 調製物は、新陳代謝や病気の障害により、体外に入ったり内部に体内に入ったりする有害な生成物を中和します。
  4. 医薬品は細胞の再生を促進し、有害な影響に対する抵抗性を保証します。

薬の使用

したがって、肝臓プロテクターは医薬品であり、彼らは肝臓の機能に良い影響を与えます。しかし、彼らはすべて行動のメカニズムが異なります。そのような薬剤は、抗炎症性、抗線維性、代謝性の以下の特性を身体に提供することができる。

これらの薬物は、以下の場合に広く使用されます:

  • 肝疾患(アルコール性および非アルコール性);
  • 肝炎(薬、ウイルス、毒性);
  • 肝硬変;
  • 乾癬;
  • 胆汁うっ滞病変;
  • 妊娠中毒症。

医薬品の分類

残念ながら、今日まで、肝臓保護剤(薬物)のグループに分けることを可能にする単一のシステムは存在しない。

肝保護剤のリスト

医学における応用が見出されたこの分類は、以下の通りである:

  1. 必須リン脂質。 このグループに含まれる医薬品は、大豆。これらは植物起源の優れた肝臓保護剤である。このグループに属する医薬品のリスト:Essentiale forte、Phosphogliv、Rezalut Pro、Essliver forte。野菜のリン脂質はヒトの肝臓細胞に見られるものに似ている。そのため、彼らは自然に罹患した細胞に組み込まれ、その回復に寄与する。薬は事実上副作用がありません。ごくまれに、個々の薬物不耐性を有する場合、または便を緩める場合に、アレルギー反応を引き起こすことができる。
  2. 植物フラボノイド。 そのような医薬品は天然化合物 - 天然抗酸化物質。薬物の作用は、フリーラジカルを中和することを目的としている。医薬品は、薬草から得られます:セランジン、薬用ヘーゼルナッツ、シスル、ウコン。これらは非常にポピュラーな肝臓プロテクターです。このグループを構成する薬のリスト: "Karsil"、 "Gepabene"、 "Silimar"、 "Legalon"、 "Hepatofalk Planta"このような薬剤は、副作用の小さなリストによって区別されます。場合によっては、彼らはアレルギー症状や便の緩みを引き起こすことができます。これらの薬物は、肝臓保護効果だけでなく、彼らは優れた胆嚢攣縮を和らげ、胆汁流出の改善とその生産に貢献します。そのため、これらの薬剤は肝炎、胆道のジスキネジー、胆嚢炎を伴って肝炎に処方されています。
  3. アミノ酸の誘導体。 これらの薬剤は、タンパク質成分身体のための他の必須物質。これは、代謝におけるこれらの薬剤の直接の一部を提供します。彼らは、代謝プロセスを補完し、正規化する解毒効果を提供し、身体のサポートに貢献しています。中毒の重症型では、肝障害は、まさにこのようなgepatoprotektoryを任命しました。次のようにアミノ酸の誘導体のうちのある製品のリスト:「Geptral」、「Geptor」、「ヘパ - メルツ」、「Gepasol A」、「Gepasolネオ」、「remaxol」、「Gepasteril」。これらの薬物はしばしば副作用を引き起こす。腹部の不快感、吐き気、下痢は:その中でもあります。
  4. ウルソデオキシコール酸の薬。 これらの薬剤は、天然コンポーネント - ヒマラヤのクマの胆汁。この物質はウルソデオキシコール酸と呼ばれる。成分は、溶解性の改善および人体からの胆汁の放出に寄与する。この物質は、様々な病気における肝臓細胞の損傷および死を軽減する。ウルソデオキシコール酸は免疫調節効果を有する。とき胆石、脂肪gepatoze、胆汁性肝硬変、アルコール性の病気の利点は、まさにそのようなgepatoprotektory肝臓をもたらすでしょう。最も効果的な薬のリスト、 "Ursodeks"、 "Ursodez"、 "Ursosan" "Ursofalk"、 "PMS-ウルソジオール"、 "Urdoksa"、 "Urzofalk"、 "ウルソ100、" "ウルソデオキシコール酸"、 "Ursol"、 " Ursolizin "" カーソル上 "" Ursohol "" Choludexan」。これらの薬物は、重度の肝と腎不全、非代償性肝硬変、膵炎、急性潰瘍、胆石カルシウム、膀胱の急性炎症には禁忌です。

最高の肝臓プロテクターリスト

上に列挙した薬物に加えて、肝臓保護特性を有する他の薬物がある。

これらには栄養補助食品が含まれます:

  • "ヘパフォア"。
  • シベタン。
  • "LIV-52"
  • 「ヘパガード」
  • "Tykveol"。

いくつかのホメオパシー薬はまた、肝臓保護効果を有する:

  • "ヘペル"。
  • "Galstena"。
  • シレパード。

しかしながら、これらの薬剤では、必要な物質の濃度が不十分である。したがって、病気のために彼らは使用のために推奨されていません。

医師によれば、最も有効な肝臓プロテクター(最高の医薬品のリスト)を検討してください。

「ガルステナ」という薬は、

このツールは最高のものの1つです小児の肝疾患と戦うための医薬品。このような薬物は、赤ちゃんの生後最初から使用することができます。この薬物は、組み合わせた肝臓保護剤(薬物)を含む群の代表である。

この指示は、薬剤肝臓細胞に対して保護作用を有する。それは正常な一貫性のある胆汁の産生を促進する。これは石の形成を防止する。肝臓領域の痛み症候群を和らげ、痙攣を和らげます。

それは肝炎の治療に使用されます。 それを割り当て、肝臓細胞の損傷を防ぐ。この薬剤は、化学療法または抗生物質治療を受ける患者に推奨されます。

肝保護剤のリスト

薬には実質的に禁忌はない。薬物の成分に対して個別の感受性を有する者のみを使用することは推奨されない。

薬エッセンシャル

この薬剤は、高度に精製されたリン脂質に基づいている。 それらは、腺の代謝機能を完全に正常化し、細胞を外部の影響から保護する。さらに、この薬物は肝臓の再生を刺激する。

この救済策は、次の病気に使用されます。

  • 脂肪肝炎;
  • 肝硬変;
  • 肝性昏睡;
  • 肝炎。

解決の形の薬物「エッセンシャル」は、3歳以上の子供に使用することが認められています。カプセルに入れた薬は12年間使用することをお勧めします。

アンタル

薬はさまざまな戦闘に使用されます肝炎の形。この薬は、血流の細胞損傷の結果として浸透する肝酵素であるビリルビンのレベルを完全に下げることができます。さらに、それは免疫不全または化学療法における予防に使用される。

この薬剤は、優れた抗炎症効果を有し、細胞における修復プロセスの活性化を促進する。

この薬は禁忌と副作用が少ない。急性腎不全に使用することは推奨されません。

4歳未満の子供は投薬を処方されていません。

ミルクシスル

それは植物起源の最も普及した肝臓プロテクターの1つです。ミルクシスルの熟した果実から、彼らは必要な物質 - シリマリンを受け取ります。それは多くの有効な医薬品に見られます。

肝保護剤 - ミルクシスルに基づく調製物:

  • "レガロン"。
  • "ゲパベン"。
  • "カルシル"。

このような薬物は、毒性肝臓障害、肝炎、脂肪性疾患。さらに、ミルクシスルは抗酸化特性を有することが科学的に確認されている。それは、結合組織の発達から肝臓を保護し、優れた抗炎症効果を提供します。

子供のための肝臓プロテクターリスト

このような特徴は、これらの肝臓プロテクター(植物由来の薬物)を腺の慢性病理に罹患している患者に割り当てることを可能にする。

シリマリンをベースにした医薬品は、5歳未満の子供の使用が許可されています。

薬「ヘペル」

ホメオパシー薬はあなたが削除することができます痙攣、肝細胞を復元し、胆汁の機能を改善する。この薬剤は、様々な治療効果のために腺の様々な病気に使用される。さらに、この薬剤は胃腸管の病理学、いくつかの皮膚疾患に有効である。

この薬剤は、新生児(黄疸を有する)にも投与することができる。しかし、医師の監督の下でのみ。

薬「ホルンジン」は、

この薬剤は有効な併用薬剤である。それは胆汁と特定の膵臓酵素を組み合わせたものです。この薬剤は胆汁の流出を増加させ、消化を大幅に改善する。

この治療法は、胆嚢炎、慢性肝炎および消化器系のいくつかの病理が含まれる。 「ホルメンツィム」という薬の処方に対する禁忌は、閉塞性黄疸、急性膵炎です。いくつかの場合、副作用はアレルギー症状(かゆみ、赤み)の形で可能である。

この薬は12歳未満の子供には禁忌です。

薬「ウルサン」

作用物質の活性物質はウルソデオキシコール酸である。これは、液体接続のコレステロールの形成を提供する。その結果、身体は石の形成から保護されます。

さらに、この物質は、コレステロールは、肝細胞の効果的な保護である。この治療法は、胆石症と戦うために使用されます。胆汁性肝硬変の症状を効果的に排除します。

この薬剤は、急性胆嚢炎、胆道の閉塞、石灰化石の存在の場合には禁忌である。

投薬はすでに5歳の子供にのみ使用できます。

薬物 "Geptral"

この薬剤は、アデメチオニン(ademethionine) - アミノ酸、体内で起こる多くの生化学反応に関与している。この物質は胆汁の物理的性質を改善し、毒性を低下させ、撤退を促す。

植物起源の肝臓プロテクター

投薬は以下の目的で処方されています:

  • 胆汁うっ滞、
  • 脂肪変性、
  • 肝硬変性肝障害、
  • 慢性肝炎。

この薬は副作用があります。 それは、消化管の消化不良、睡眠障害、精神障害を引き起こす可能性があります。アレルギー反応を起こすことがあります。この治療法は、18歳までの妊娠中および授乳中の母親のためのものではありません。

子供のための最高の薬

上記のすべては、どのような種類の肝臓プロテクターが赤ちゃんに使用されていると結論づけることができます。

子供のリストには、以下の薬物が含まれています:

  1. 新生児期から。 使用した薬: "Galstena"、 "Hepel"。
  2. 3年からの赤ちゃん。 医薬品「エッセンシャル」を適用することは許されています。
  3. 4歳からの子供。 "Antral"を割り当てます。
  4. 5歳の子供たち。 薬剤は、Karsil、Legalon、Gepabene、Ursosanのような治療法に含めることができます。
  5. 12歳から。 薬「ホレンジン」を割り当てます。
  6. 私たちは18歳です。 あなたは薬 "ヘプトラル"を取ることができます。

しかし、医師に任命された後でなければ、どんな薬も服用しないことを忘れないでください。