大人のアレルギーの症状。アレルギーの結果

この記事では、アレルギーの症状や治療法について説明します。それは何ですか?

アレルギーは免疫に対する急性の反応です無害で完全に通常の物質。症状は体のさまざまな部分で起こる可能性があります。概して、それは数日間観察され、その重症度の程度が異なる可能性がある。アレルギーの症状について話し、この現象の結果が何であるかを見てみましょう。

アレルギー症状

一般情報

人間のアレルギーは、原則としてウールで起こりますいくつかの種の動物、さらには様々な製品、医薬品、化学物質、塵や昆虫の噛み込み、花粉の摂取などがあります。以下では、寒冷アレルギーの症状および治療法について検討します。

病理を引き起こす物質は、アレルゲン。いくつかの状況では、そのような反応は非常に弱く、アレルギーに苦しんでいると思わないかもしれません。

しかし、これにもかかわらず、アレルギー症状は、逆に、人命を脅かす、非常に危険なことがあります。アレルギーに罹患した人々は、アレルゲンに対する非常に急性の反応に関連する深刻な病的状態であるアナフィラキシーショックを発症し得る。アナフィラキシーショックは、すでに述べたように、様々なアレルゲンによって引き起こされる可能性があります:医療薬、虫刺され、さらには食物です。さらに、アナフィラキシーショックは、特定のアレルゲン、例えばラテックスとの皮膚接触の結果として生じ得る。

寒さに対するアレルギー反応

寒いアレルギーの症状:

  • 皮膚の変化は1〜5分以内に迅速に起こります。
  • 病理学は、げっ歯類の火傷に類似したじんましん症状を特徴とする。
  • かゆみ、灼熱感、うずき。
  • 冷たい物体の接触の代わりに、浮腫が形成される。
  • 重度の赤み(紅斑);
  • 平らな白いか明るいピンクの水疱、小さい赤い発疹も可能です。
  • はがす。
  • 1日か2日で発疹があらわれます。

患部を暖めるとき、暖かい場所に戻ったとき、そして寒いときだけでなく雨の日にもアレルギーが起こるとき、症状は最大限になります。

赤ちゃんの写真の症状のアレルギー

症状は数時間で消えました。寒さアレルギーの症状および治療はしばしば相互に関連している。

冷たい応答療法

寒冷発作の症状を緩和するために、様々な症状を排除する薬物の使用を含む包括的な治療が行われる。

かゆみ、重度の赤み、水疱、腫れ軟膏、ゲル、スプレー、クリーム(フェニステイルゲル、プロトピック、ギスタン、エリデル)をよく除去する。著しい腫れを伴うホルモン軟膏は、短期間の治療(ハイドロコルチゾン、フルシシナール、シナノ - 軟膏、Gystan N、Acriderm GK、Celestoderm)によって解決される。

食物アレルギー

食物アレルギーは免れています特定の製品によって引き起こされる反応。このようなアレルギーには、よく知られている症状が伴う。栄養タイプのアレルギーは、身体が脅威のために製品を誤って取り、自己防衛のために免疫システムを発症させて抗体を発生させるときに発生します。アレルゲンと再会するとき、免疫システムはすぐに反応し、必要な抗体を産生するという「危険な」物質をすぐに認識します。これらの物質のために、成人のアレルギー症状が呼ばれます。原則として、この形でほとんどの場合、食品形態が形成されます。

大人が小児期に観察されたアレルギーを経験することがあります。しかし、反応が大人に起こった場合、それを取り除くことは非常に困難になります。

鼻水

アレルギー性鼻炎、その専門家10人中1人で観察される、いわゆる鼻炎または花粉症であり、しばしばこの現象は遺伝性である。成人のアレルギー症状(この記事に掲載されている写真)はこれに限定されません。

大人の風邪

気管支喘息や湿疹のある人はまた、しばしばアレルギー性鼻炎を患う。このようなアレルギーは、男性ではなく、女性において主に観察される。アレルギー性鼻炎の背景に対して、症状は目と喉の痒みの形で現れることがあり、さらに鼻や空にはくしゃみや鼻の詰まりもあります。さらに、人々は目を裂くことができ、これは鼻からの排出を伴い、場合によっては結膜炎も伴う。より重篤な状況では、アレルギー性鼻炎は喘息または湿疹の発作を引き起こすことができる。寒さアレルギーの症状もかなり不快です。

アレルギーの原因は何ですか?

一部の人々では、免疫は急性であり得る特定の物質に反応するため、さまざまな化学物質の開発が始まります。それらの1つは、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンである。体の部分でのこのような反応は、吸入すると、さらにはアレルゲンの皮膚接触または摂取の一部として生じることがある。すでに列挙されているアレルゲンに加えて、毛羽、化粧品またはタバコの煙でもあります。

アレルギーの一般的な症状

アレルギー反応は、身体の絶対に異なる部分、そして症状自体は数日まで存在する可能性があります。原則として、以下の症状がアレルギーの結果として観察される:

  • 上気道の状態は、花粉症や喘息によって複雑になります。
  • 目に赤みや涙があります。
目の赤み
  • 関節の痛みや炎症の外観。
  • 蕁麻疹と湿疹の出現。
  • 下痢、嘔吐および消化不良の出現。

アレルギー症状の合併症は何ですか?

合併症

これまたはそのアレルギーの出現は、身体の以下の反応によって複雑になることがあります:

  • アナフィラキシーショック(非常に重度のアレルギー反応)の発症。
  • 息切れや喘鳴の様子。
  • 迅速なパルスの出現。
  • 冷たい汗の出現。
  • 皮膚粘着性。
  • ハイブの発達。
  • 胃のけいれんの出現。
  • めまいと吐き気の出現。
  • 崩壊(急性血管不全)の発症。
  • 発作の出現。

重度の病気の場合には医療の欠如が死につながる可能性があることに注意することが重要です。寒冷アレルギーの症状は上記で議論されている。

寒いアレルギー症状

結果

身体のアレルギーの結果は深刻以上です。アレルギー反応は、一般的に身体およびその能力に悪影響を与える。疲労を増大させることができるヒトでこの条件を背景に、過敏性があり、それに加えて、免疫のパフォーマンスを低下させました。その結果、溶血性貧血、血清病、湿疹、気管支喘息、耳炎、慢性気管支炎または鼻炎などの病気にアレルギー反応が移行することが示唆されています。このような効果の原因は、多くの場合、アレルギー反応や誤った治療の診断を遅らせています。例えば、アレルギー薬製品を妨害することは、アトピー性皮膚炎などの慢性疾患につながる可能性があります。

Во избежание симптомов аллергии у взрослых 適切な時期に医師に連絡し、この反応またはその反応の正しい治療を行う必要があります。否定的な結果は、患者が自己投薬に従事しているという事実によって最も頻繁に引き起こされることに注意することが重要である。最悪の場合、この「治療法」は通常、症候性であり、その枠組みの中で、寒冷アレルギーの症状は取り除かれるが、その主な原因は明らかにされない。

アレルギー症状と治療

アナフィラキシーショック

特に難しく、危険なアレルギーの結果はアナフィラキシーショックであるが、これはかなりまれであるが急速に進化する現象である。アナフィラキシーは急速に進行するいくつかの症状の組み合わせです:

  • アレルゲンとの接触による重度の痛みおよびかゆみの発症。
  • 息切れの外観。
  • 発作の出現。
  • 低血圧。
  • 意識の喪失。
  • 血管浮腫の出現。

昆虫のかみ傷や薬への反応

多くの場合、アナフィラキシーは、さらに、患者にアレルギー反応を引き起こす薬物の導入の背景に反して、昆虫の噛み付きを防止する。あまり一般的ではないが、アナフィラキシーは食物アレルゲンのために起こりうる。アナフィラキシーのような現象は危険な結果であり、致命的な結果を脅かすことに注意することが重要です。この点で、最初の症状が現れたら、救急車を呼ぶべきです。特に危険なのは子供のアレルギー症状です(病気の症状の写真は記事に掲載されています)。

これらの結果または他の結果は、アレルギー反応に対する体の感受性が考慮されていないという事実によって、正確でタイムリーな治療法が存在しなかったことが原因である。あるいは、自己投薬と一緒に疾患の誤った診断が選択されたという事実によって引き起こされるかもしれない。上記のすべての要因を考慮すると、危険なアレルギーの結果を待たずにすべての人が自分の健康に関わっていなければならないことに注意することが重要です。

アレルギーが起きたとき、人は何をすべきですか?

軽度のアレルギー反応の存在下で鼻水、水分の多い鼻があり、さらにカタールに似た症状があります。小さな発疹が出現する可能性があります。自分の親戚で同様の反応がしばしば観察される場合は、医師に診てもらえません。

開発の際にはアナフィラキシーショック、アレルギーは全身に影響を与えます。アナフィラキシーショックは、原則として、アレルゲンを受けてから15分以内に起こり、緊急処置、すなわち救急車の呼出しが必要とされる。また、食べ物、薬などアレルギーのある物質は避けてください。

アレルギーの発達についてはすべての友人や家族に知られています。この情報は、歯科医、皮膚科医などのすべての専門家に報告する必要があります。また、処方薬や市販薬も扱う必要があります。常に、この薬や他の薬を服用する前に、アレルギーのある人は、梱包と付属の説明書をよくお読みください。

アレルギー症状の写真

解熱剤

軽度のアレルギー性鼻炎症状を緩和するためのスプレーと一緒に抗浮腫薬を使用する。アレルギーが薬によって引き起こされた場合は、すぐに使用を中止して医師に相談しなければなりません。

また、抗ヒスタミン剤専門家によって処方されたもののみが含まれています。鎮静効果のある抗ヒスタミン薬を服用すると、眠気を引き起こす可能性があるため、車の運転は避けてください。

主治医は何ができますか?

医者は必然的にその可能性を排除しなければならないアレルゲンの同定を目的とした検査を実施することができます。その後、原則として抗ヒスタミン剤を処方され、必要に応じてステロイド剤も処方される。アレルゲンが同定され、特定の状況のた​​めに彼と接触することが避けられない場合、医師は偏差を予防し治療するために患者に特別なワクチンを導入しなければならない。とりわけ、医師は食物アレルギーの発症に苦しむ患者のために特別な食事療法を推奨することができます。

予防措置はどうすればよいでしょうか?

既に述べたように、アレルギー症状を引き起こす物質(その写真は記事に掲載されています)を特定するために、その後は必ず避けるべきです。家が常にきれいで、ほこりや毛羽が飛んでいないこと、さらにダニがないことを確認することも同様に重要です。人が掃除したり、掃除したり、家具からの埃を吹き飛ばしたり、ベッドリネンなどの接触を変えたりするときは、ガーゼドレッシングや特別なマスクを使用して鼻を閉じます。ペットにアレルギー反応がある場合は、ペットを家に置くことはできません。

医療カード

人がアレルギーを起こしている場合特別なカードを常に持ち歩いて、それに対応する反応がある薬品が示されるようにすることをお勧めします。これにより、意識がなくても薬の名前を思い出すことができなくても、彼はアレルゲンの導入から免れます。また、重度のアレルギーを患っている場合は、家族に知らせる必要があります。また、このことを治療中の医師に報告することを忘れないでください。

私たちはこのような病気をアレルギーとみなしました。写真、症状、治療法などが紹介されています。