ピンクの斑点 - それは良いですか?

ミラーを見るとピンクに気付く皮膚の汚れ、それを無視しないでください。スポット、特に突然現れるスポットは、非常に深刻なものを含む様々な病気の症状になります。

ピンクの斑点
それは強皮症であり得る。 この疾患では、瘢痕が皮膚上に形成される。専門医は、2つのタイプの強皮症(全身性および限定性)を区別する。限られた数のスポットで、彼らは軽いライラックシェードを持っています。全身性強皮症は内臓器官に影響する。主な症状は、肌の緻密化と光沢です。そのようなことに気付いた場合は、すぐに医師に相談してください。自己投薬は勧められません - 状況を悪化させるリスクがあります。

もう一つの非常に不快な皮膚疾患 - 乾癬。その主な特徴は、白い鱗で覆われた赤い斑点です。この場合の皮膚は強くかゆみがあります。乾癬自体は特に危険ではないが、同時に皮膚は反発する。理由は、遺伝性から重度のストレスまで非常に異なる場合があります。

湿疹は、皮膚にピンクの斑があり、重度のかゆみ。それは最もよく苦しむ手であるので、 "手の皮膚の病気"と呼ばれています。それはアレルゲンかもしれません - 染料、栄養補助食品、強い味、昆虫のかみ傷。人々は湿疹になりやすいので、脂肪が多い食品、過度に鋭くて塩辛い食品を控えることをお勧めします。さらに、原因はストレス、運動、または消化プロセス(主に女性)である可能性があります。

頭皮の赤み
あなたの肌にピンクの斑点がありますか? 彼らが手、足、頚部を覆う場合、その原因はアレルギー反応である可能性があります。製品、医薬品、化粧品、粉塵、動物の髪の毛など、多くの原因となることがあります。主な危険性は、アレルゲンとの長期にわたる接触が肺水腫を引き起こし得るという事実にある。そして、より早く病院に行くほど良いでしょう。

丸みを帯びた形の皮膚のピンクの斑点 - ピンクと呼ばれる不快な病気の主な兆候。彼らの出現の主な場所は、腰、背中、肩です。頭皮の発赤の可能性にも注意してください。ほとんどの場合、春と秋に病気が悪化します。斑点が濡れると、通常は刺激が始まり、かゆみがあり、はがれます。この問題に対処するのに役立つ専門家は、皮膚病専門医です。

皮膚のピンク色の斑点は、水痘、風疹、紅潮、麻疹の症状になります。これらの病気はすべて非常に伝染性が高いため、患者を隔離する緊急の必要があります。

麻しんは、発熱と強い咳で特徴づけられます。最初の赤面は顔と首、そして発疹は全身を通過します。皮膚は非常に薄いです。

手の皮膚病
風疹は体のいたるところに発疹があり、その発生には通常、発熱が伴う。風疹ウイルスは非常に迅速に再生する。最初に強い衰弱があり、数日、発疹が現れ、温度が上昇する。風疹の別の症状は風邪です。最初は、発疹は顔を覆っていますが、胴体と手足に非常に素早く広がります。リンパ節は大きく拡大する。

紅斑熱の主な症状は小ドットの形の発疹です。患者は頭痛、眠気、吐き気に訴えることがあります。発赤は通常数日は経過し、痕跡は残りません。

鶏痘はウイルス性疾患である皮膚上の発疹の形で現れます。彼らは非常にかゆいですが、誘惑に屈して爪で皮膚を傷つけると、傷跡が残ることがあります。小児では、この病気は10日以上持続するが、成人では合併症が起こりうる。