薬「フェスタル」。使用の兆候

効果的で、正規化する消化は、薬 "フェスタル"とみなされます。使用の適応症には、消化器系に関連する疼痛が含まれる。しかし、一部の患者は、長期間の使用で薬物の有効性の低下を報告している。

胆嚢の炎症性疾患では、腸、肝臓、胃はしばしば処方薬 "フェスタル"。使用の適応症には、非感染性下痢などの疾患が含まれる。薬物は鼓腸、咀嚼機能不全に使用されます。脂肪の多い食品、不規則な食事や過食のために消化器系の機能を正常化するために、「フェスタル」という薬は非常に効果的です。使用の適応症には、移送された病状の後の長期間の固定化を含む、坐りの生活様式を伴う胃腸管の障害が含まれる。

高ビリルビン血症の薬を処方しないでください。薬物の成分に対する過敏症。慢性および急性膵炎では、フェスタルも処方されていません。使用の適応症には、肝機能障害、腸閉塞は含まれない。

医師の監督下では、妊娠中に使用する。嚢胞性線維症の患者は、薬剤「フェスタル」を服用する際には注意が必要です。 3歳未満の子供の治療は、専門医によって監督されるべきである。

薬物「フェスタル」には消化薬が含まれています酵素は、身体が正常な消化と消化に必要な特別な天然成分です。膵臓が十分な数のこれらの要素を産生することができないために、この薬物はしばしば推奨される。

食品と一緒に得られた酵素の量に応じて、この薬剤は食品補助剤として処方される。また、代替療法として、「フェスタル」という薬を処方することができる。

この方法で薬を服用する方法、医師に確認することをお勧めします。原則として、1日に薬を指定してください。食事中または食事の直後に服用してください。薬を噛むことはお勧めしません。必要ならば、投薬量は、薬物「フェスタル」の2つの丸薬に増加させることができる。

アプリケーションは数日間続く可能性があります(栄養失調による消化器系障害)を数カ月、場合によっては数年(必要に応じて、補充療法)にまで減らすことができます。

薬に加えて、薬はまた、粉末の形態で利用可能である。それが粘膜の刺激を引き起こす可能性があるので、吸入することは推奨されません(粉末)。

同時に薬を服用することは望ましくない消化不良に処方された薬剤。これらの薬剤を急性的に使用する必要がある場合は、「フェスタル」を服用する前または後に2時間以上行う必要があります。

薬はいくつかを誘発するかもしれない否定的な反応。最も一般的なものには、腹痛、下痢、一般的な衰弱および倦怠感が含まれる。副作用が発生した場合は、医師に相談してください。そのような場合、原則として、投与量の調整が必要である。

場合によっては、患者は口や肛門の刺激。原則として、これらの不快な気持ちは自分で排除されます。長期間薬物を服用した後の反応が持続する場合は、医師に相談してください。これらの場合、フェスタル救済措置は通常、他の薬に置き換えられます。

高温は薬の作用を弱めるので、粉末を熱い飲み物と混合しないでください。

この薬を使用する前に、医師に相談し、注釈を慎重に検討することをお勧めします。