タブレット "Kanefron":アナログ、使用説明書、レビュー

ハーブの準備 "Canephron"をお勧めします有効性、アクセシビリティ、安全性。下記のプロパティ、能力、禁忌についての詳細を読む。類似体 "Kanefron"は価値ある競争を構成する。薬とその代用品のレビューは、痛みや不快感のない健康な生活のための闘いにおける高い有効性を示しています。 「カネフロン」は、妊娠中でさえも、泌尿器系の浮腫および炎症に広く使用されている。

リリースの構成と形式

この薬物の作用は鎮痙作用に基づいており、薬用植物の抗炎症性および抗菌性:セントロウ、ローズマリーおよびローベージ。ハーブのエッセンシャルオイルは血管を拡張し、血液循環を改善します。フェノールカルボン酸は排尿を助け、腎臓にさらなる圧力を作ります。利尿作用は、浮腫や過剰な塩分を取り除き、その結果として圧力を高めることができます。

炎症のための丸薬

薬物は腫れを和らげ、膀胱炎を治療し、尿路結石、尿道炎、腎盂腎炎、糸球体腎炎である。薬草は、病気の初期段階で処方され、医師の推奨する食事に従うと、合成薬より効果的です。さらに、天然産物から起こり得る害はずっと少なく、例外は患者の高いアレルギー感受性である。

「カネフロン」は、糖衣錠の形で60または120片および50および100mlの溶液を含む。このソリューションは、丸薬を飲み込むときに不快感を感じる幼児、幼児および成人の使用に適しています。薬を噛むことはお勧めしません。液体形態はまた、疾患の重篤度、患者の体重および年齢に応じて医師によって計算される薬物の正確な投薬の可能性のために好ましい。

使用方法

痙攣の形で炎症の兆候が見られ、下腹部の不快感には「カネフロン」および類似体が割り当てられる。標準的な成人の投薬量は、1日3回50滴(または2錠)、7歳〜25歳、3歳〜15歳、3歳〜10歳の子供です。この薬は2週間から4週間の長い時間使用されます.1〜2週間の休憩後、再開することができます。

受信の最初の日には、健康状態が改善され、しかし、決してそれを取ることを止めてはいけません。治療の完全な経過がなければ、炎症の痛みを伴う症状は消滅する。この疾患は、薬物「Canephron」の摂取が終了した直後に悪化し、類似物質の説明およびレビューは同じと言います。あらゆる投薬は、体系的な治療コースを必要とする。

禁忌および副作用

"カネフロン"と類似体は処方されていないハーブ組成に対する個々の不耐性、潰瘍の悪化、心臓および腎浮腫、グルコース - ガラクトース吸収の症候群。使用説明書は、処方箋のみの受信を推奨しています。

副作用

アレルギー反応(かゆみ、かぶれ、または蕁麻疹)の形の副作用、胃腸管の問題は、病気の際の成分の高い感受性または身体の弱さで起こり得る。

アルコール依存症治療薬を摂取すると丸薬の形態では、少量のアルコールが含まれています。同時に、薬物を服用することは、自動車を運転するための禁忌ではなく、注意集中に影響しない。

慢性疾患の存在下では、義務的レセプションの開始前にセラピストの相談。抗菌薬と組み合わせると、その有効性が増します。安価なロシアのCanephron - Fitolysin類似体も抗生物質と併用することができます。

特別なアプリケーション

妊娠しているときは、最低必要量で丸剤の形で医師に処方する。アルコール溶液は、血液および胎児への高い吸収速度のために禁忌である。

痛みと痛み

母乳育児の場合、丸薬もハーブ成分への赤ちゃんの感受性の可能性があるため注意が必要です。母乳中の薬物を最小限に摂取するためには、授乳直後に服用し、3時間以上早く服用しないでください。

薬を服用するときは、量を増やす必要がありますそれは子供、高齢者、妊娠中および授乳中の女性にとって特に重要です。薬物の利尿作用による塩バランスの違反は、敏感な身体に悪影響を与える可能性がある。 「カネフロン」と類似物質の使用説明書には、この情報が含まれているとは限りませんが、迅速な改善には非常に重要です。

類似体

既に上述したように、最も人気のあるハーブの準備 - アナログ - "フィトリジン"。組成は同様ですが、小麦グラス、タマネギの皮、およびゴールデンロッドの存在下にある違いがあります。この薬剤は、抗炎症性、鎮痛性および利尿作用を有し、泌尿生殖器系の炎症を治療するために使用される。妊娠中および授乳中の女性の炎症を治療するために処方されることが多い。

薬物類似体

合成代替物 - "フラギン"。 それは微生物の細胞の代謝プロセスを崩壊させ、痛みや炎症を緩和するフラジジンを含んでいます。価格ははるかに低いですが、胃腸管の病気、妊娠、泌乳、小児期には推奨されません。このような場合、「Canephron」が推奨されますが、安価なアナログは推奨されません。

最高の薬を選択することは、個人的な場合にのみ可能です経験。すべての生物は異なり、治療とは異なる反応を示します。漢方薬を用いた自己治療は、慢性疾患がない場合の炎症の最初の兆候でのみ可能である。合成薬は処方せんでのみ取るべきです。 「カネフロン」とアナログは無料で入手できますが、医師に相談せずに使用すると危険です。

他の代用薬

以下の薬は処方されています尿生殖器系の疾患。活性物質と身体への影響が異なるため、アナログと呼ぶことはできません。しかし、医師たちは「カネフロン」の任命を彼らに置き換えた。

  • "Adenostop"。
  • "Amoksisar"。
  • "アモキシシリン"。
  • "アンピシリン"。
  • ビセプトール。
  • Brusniver。
  • Gentos。
  • "Zetsil"。
  • 「インドメタシン」。
  • リージェント。
  • "Lifaxon"
  • "Maksakvin"。
  • "Metovit"
  • "Monural"。
  • "ノロキシン"。
  • "Oxamp"。
  • "ピペガル"。
  • "ポリオキシドニウム"。
  • "Renor"。
  • "リファマー"。
  • スルタシン。
  • "Sumamed"。
  • "タリシン"。
  • "チメンチン"。
  • Uroflux。
  • "フレモキシン"。
  • "フラギン"。
  • "セファゾリン"。
  • 「シストリン」および他の多くのものが含まれる。
様々な薬

「Fitolizin」または「Kanefron」?

CannephronとPhytolysinを選択することで、以前のアプリケーションの経験だけを考慮してください。両方の薬剤について肯定的および否定的なレビューがある。ハーブの調製に対する反応は非常に個体的である。高アレルギーの場合、組成に注意を払う必要があります。おそらくこの場合、合成薬を選択する方が良いでしょう。

妊娠中および授乳中の両方の薬剤可能性のある害と入院の必要性を評価しながら、医師の指示に従ってのみ注意を払うべきである。このような期間中に医薬品を服用することは望ましくないが、適切な治療を受けていない状態で発症すると胎児に悪影響を及ぼすことがある。適切な方法で授乳を維持することができます。

"Cyston"または "Canephron"?

やや安価な漢方薬 - 「シストン」も競争に値するだろう。その組成物において抗炎症性利尿植物成分:サキシフレージ、茎茎、ストローフラワー、満腹抽出物。この薬は、腎臓から石を粉砕して除去するために使用されます。おそらく複合体での両方のツールの使用。

この場合、唯一の明白な利点は、ドロップの形での放出の形態であり、その結果、投与および使用の容易さである。

治療への統合されたアプローチ

薬用植物の有効性が証明された医師に相談することなく、治療方法を任意に選択すべきではありません。総合的なアプローチが可能で、合成抗生物質とハーブ製剤を組み合わせることで構成されています。薬草療法がこの病気に対処できない場合の発症は、医師への遅刻のために起こる。

飲料水は重要です

任意の疾患の治療における非常に重要なステップ体操や新鮮な空気の中で歩くことにより、医師の推奨する食事療法を遵守し、身体を良好な物理的形状に維持することです。野外でのウォーキングと理学療法は、最も重篤な病気でさえも示されています。食べ物のない適切な食事は、塩の蓄積を引き起こし、消化を妨げ、胃腸管に不快感を生じさせ、回復を著しく促進する。

"Canephron"と類似体に関するレビュー

たとえば若い母親の中には、子供たちが排尿時に痛みを訴えたとき、彼らは小児科医に行きました。彼らは「カネフロン」に任命されました。副作用はなかった。 2日目に不快感を覚えましたが、7日間のコースはまだ飲む必要があります。

若い女の子はしばしばシンプルでファッショナブルなショートスカートです。痛み、痛み、頻繁な衝動は歩き始めた後に始まりました。薬物治療の1日で、痛みと痛みがなくなりました。しかし彼らは少なくとも4日以上薬を飲んだ。しかし、今、私は暖かく着飾っています。女性の健康は、偽の美しさよりも高価です。

"カネフロン"については、患者の覚えていることと親戚。 例えば、彼は彼を母親や祖母に任命した。ネイティブの人は頻繁な衝動と失禁で苦しむ。治療は1ヶ月、1ヶ月休憩してから2週間飲み、2人は休んだ。高齢者はいつも錠剤を飲み込んで噛むことができないので、それらの錠剤は非常に便利です。

適切な治療のための検査

医者は何を言いますか? 病気を治療する薬剤を選択するときは、副作用、禁忌、身体の個々の特徴、類似体の価格を考慮する価値があります。現代の抗生物質は、適切に投与されると、身体に最小の害を及ぼす。合成治療を拒否すると、あなたは病気の進行の可能性が高いです。この疾患の重篤度、炎症のタイプは検査によってのみ決定され、医師によってのみ決定される。スペシャリストは、もちろん、患者に自分の健康を感謝するよう助言する。

タブレット "Canephron" - 非常に効果的で良いお勧めします。薬物の類似体は競争に絶対的にふさわしいものですが、残念なことに、ある理由または別の理由で適切ではない可能性があります。それぞれの生物は治療とはまったく異なる方法で反応するため、同じ疾患の処方は異なります。医師だけが病気の正確な原因を特定し、特定の症例で最も効果的な薬の処方箋を書くことができます。自己治療は必ずしも効果的ではなく、非常に悲惨な結果につながる可能性があります。