授乳中にカネフロンを飲むことはできますか?

妊娠中は「Cannephron」が任命されますほとんどすべての女性それは膀胱炎、腎盂腎炎および他の病気の予防と治療に優れています。天然成分、腎臓の正常な機能を穏やかに回復させ、泌尿器系全体の炎症過程を治療する薬草だけが含まれているので安全です。母乳育児時に「カネフロン」を使用することは可能ですか?薬物の使用への禁忌の使用のための指示では、若い母親はしません。この問題を詳しく見て、一流の専門家、婦人科医、腎臓科医の意見を見つけましょう。

母乳育児用カンネフロン

問題の妥当性

授乳中にどれだけ頻繁に悪化した慢性腎臓病?もちろん、妊娠中に、それらに遭遇する機会ははるかに大きいです、しかし、それは出産後にリラックスするには時期尚早です。そして最初の難点は、現時点ではほとんどすべての薬が禁止されているということです。彼らは母乳に渡すことができるので。しかし、母乳育児の「カネフロン」は有害ではありません、それは赤ちゃんに害を与えることなく効果的な治療を行うのに役立ちます。

母乳育児時にカネフロンすることができます

薬の製造業者そして形態

ドイツの薬理学的薬剤リリース本当に信頼できる会社です。これはよく知られた会社 "Bionorica"です。彼らは良い結果を与えるので、医者はこの製造業者の準備についてとてもよく話します。母乳育児中の「カネフロン」は丸薬の形でのみ処方されます。 2番目の形式 - シロップ - はアルコールを含んでいるので、それは授乳の終わりまで使用することができません。

若い母親の体は出産後に弱くなりますが、さらに、母乳育児は多くの力を奪います。免疫力はまだ弱いです。これは、尿路の慢性疾患の悪化がいつでも起こり得ることを意味します。

母乳育児中にカンネフロンが可能か

製剤の構造

女性が胸に「カネフロン」を処方されている場合給餌、それから彼女は最初にそれに含まれているものを知りたいです。そのため、今度は各コンポーネントについて個別に詳しく説明します。

  • お尻の皮は軽度の利尿作用があり、したがって泌尿器系の病気に非常に役立ちます。この治療法は腎不全に役立ちます。
  • ローズマリーは薬の2番目の成分です。この植物は副作用がなく、腎盂腎炎の再発頻度を有意に減少させます。
  • 洗浄は強力な抗炎症薬ですという意味です。この植物は泌尿生殖器系を軽減し、片付けます。それはすぐに腫れを取り除きます、そしてこの特性のためにそれをそれをしてそして最も効果的な腎臓料金に含めます。
  • 世紀は、泌尿生殖器系のほとんどの病状に対する最善の治療法です。

ご覧のとおり、構図は完全に自然です。したがって、「カネフロン」は、複雑な治療法の一環として、授乳中に予防と腎臓や泌尿器系の病状の治療の両方に使用することができます。

母乳育児カナネフロンのレビュー

すべてのコンポーネントの総合的な影響

すべてのコンポーネントは独自に推奨されています腎臓病理学の治療に彼ら自身。しかし、はるかに良い彼らは一緒に彼らの行動を示しています。そして、母乳育児中に「カネフロン」を飲むことが可能であるかどうかと言えば、公的研究によって確認された結果にあなたの注意を引きたいと思います。

  • この薬はけいれんをやさしく取り除きます。つまり、翌日には簡単になります。
  • 腎臓の働きは正常化されます。これは、過剰な水分が体の組織からすぐに出るためです。
  • 薬物の作用の下で、泌尿器系の血管は弛緩し、腎臓組織における血液供給は改善される。

「カネフロン」はより強い効果を高めます薬、抗生物質。したがって、複雑で軽視されている感染症の治療には、多くの場合、医師はこの薬草製剤をより重篤な薬物で処方します。

授乳中にカンネフロンを飲むことは可能ですか

予防または治療

一般に、私達はの質問に既に答えました複雑な治療の一環として、追加の手段として母乳育児中に「カネフロン」を使用することが可能かどうか。しかし、若い母親は、赤ちゃんに害を与えないように、非常に慎重に薬を選ぶ必要があります。したがって、病気がそれほど激しく進行しない場合、医師は「カネフロン」のみを処方することを好みます。

それは忍容性が高く、悪影響を与えません。現象もう一つのプラスは迅速かつ具体的な結果です。 2日目にはすでに邪魔な症状が治まり始めます。患者が尿路結石症の既往歴がある場合は、妊娠期間および授乳期には、このハーブ製剤は予防目的で処方されます。

母乳育児カナネフロン指導

使用の兆候

どのような場合に「Canephron」に任命されますか母乳育児?レビューによると、まず第一にこのツールの助けを借りて、医師は深刻な合併症の発症を予防しようとしています。したがって、膀胱炎の傾向があっても、若い母親は治療を受けるように処方されています。さらに、そのような維持治療の期間は通常6ヶ月以上である。出産後に女性の免疫が回復するのは6ヶ月間です。今彼は独立して様々な感染症に対処することができます。

医師は以下の病気に「カネフロン」を処方することがあります。

  • 通常、膀胱炎に伴う痛みを伴う排尿やその他の不快な症状を伴う。
  • 尿、一般的な倦怠感に血があるなら、それは腎臓結石について話すことができます、それは少なくともあなたがカナネフロンによる治療を受ける必要があることを意味します。
  • 腎盂腎炎は腎盂の慢性炎症性疾患です。最初の症状では、病気の進行を容易にするためにこの生薬を服用し始めるようにしてください。
  • 糸球体腎炎は腎臓糸球体に影響を与えるもう一つの感染症です。

薬を飲むことを忘れないでください母乳育児中の「カネフロン」は、正確な診断が下されたときに担当医の指示がある場合にのみ可能です。自己治療は受け入れられません。予約の前に、腎臓専門医は間違いなく検査室での検査と超音波検査を受けることにします。時宜を得た治療の欠如は、病気の慢性的な形態への移行から始まり、そして身体全体への感染の拡大の結果としての健康の著しい悪化で終わる、望ましくない結果をもたらすことがある。

母乳育児用カンネフロン

禁忌

通常薬は非常によく耐えられますそのため、「カネフロン」は母乳育児中に処方されることが最も多いです。指示はそれが子供にとっても安全であると言います。しかしながら、場合によっては、構成成分の個々の不耐性が観察され得る。つまり、若い母親は処方された投与量の半分から始めて、自分の状態と乳児の反応を注意深く監視することをお勧めします。皮膚の発疹、アレルギー反応がある場合は、直ちに治療を中止して医師に連絡してください。しかし、ほとんどの場合、母乳への薬の成分の浸透は、小人を傷つけません。

授乳中の薬の服用方法

投与量は個々です。 詳細な説明は、平均的な投与量についての情報を提供する製剤に添付されています。しかしながら、患者の個々の特徴が標準的な計画を変更する理由であり得る。治療のために最も頻繁に1日3回2錠を服用するように処方されました。この場合、予防用量は1日2回1錠を服用することを含みます。治療のために、それは予防のために少なくとも1ヶ月間 - 1ヶ月半から6ヶ月まで "カネフロン"を取ることをお勧めします。尿路結石症や腎臓内の砂の存在のために、治療の長期コースが推奨されます。