憲法上の法的規範

憲法上の法的規範と制度ロシア法の一流支店の構造を構成しています。他の分野と同様、検討中の業界は、一般的に市民のための拘束力のある行動規範である。必要な場合には、憲法上の法的規範は、様々な形態の国家強制を用いて実施される。

構造を構成するすべての条項は、内部の完全性、多くの共通の特徴によって特徴づけられる。憲法上の法的規範は密接に相互に関連しており、他の法律上の枝を構成するものとは異なる。問題の地域の規範的行為のすべての兆候は、それが指揮される社会的関係の特質によって決定される。

憲法 - 法律規範は社会関係のある部分を規制するときに適用される。しかし、これが法的管理のこの領域が重要ではないことを意味するものではありません。

憲法の法的規範は州によって認可された規則。市民の社会的志向の重要な手段であるため、これらの条項は関連行為で修正されている。これらの行為は管轄国の機関によって採択され、双方の性格を有する(彼らは両当事者の権利と義務の両方を確立する)。すべてのタイプの憲法的および法的規範は、イデオロギー的、物質的、法的および社会心理的要素を構成要素とする特定の実施メカニズムの存在を規定している。問題の条項は、とりわけ、保証され、意図的で、状況的性質を持つものである。

憲法を区別する機能の中で他からの法的規範は、まず第一に、その国の国内法の全体構造におけるそれらの特別な意義と重要性に言及するべきです。この記号は、人々が民主主義を行使する過程で形成される関係を規制するための検討中の規定の能力を示しています。したがって、憲法上の規範の優先順位、および他の法的部門を構成する構成要素に対する無条件の影響が保証されます。

これらの条項は業界全体を構成し、その機能特性、ならびに開発および改善の方向性を決定します。

憲法上の規範の最も重要な特徴へ最高の法的強制力、最高の安定性(他の業界の規定と比較して)、高レベルの国家保護、構成的な性格、直接の行動を帰属させることが必要です。

検討中の規定も政治的です。性格これは、検討中の法の分野の主な主題は、権力の機能の分野で生じ、実現される国家の政治的関係であるという事実によるものです。同時に、これらの規範はもっぱら政治的なものとして特徴づけられるべきではありません。

検討中のすべての規定の中で、重要なその量は非定型的な行為によって占められています。これらの規定は、被験者の直接の義務および権利を定義していません。異型ルールは、他の法分野の規範をつなぐ一種の関連要素です。これらの規定により、法的構造全体の完全性が保証されます。これらの行為には、憲法上の一般原則を保証する規範的処方、保証および構成的規範、規範定義、法的解釈、推定が含まれます。

規制される関係の性質考慮される規定はそれらの構造(構成)です。同時に、憲法上の規定の構成と組織化の内部形式は特定のものであり、それは原則として行動の規則のみを含んでいます。